矯正治療中にNGな食べものって?

基礎知識

2021.06.28

twitter icon facebook line

歯列矯正の治療中、生活していく中で気を付けなければならないことがあります。今回は食生活において気を付けなければならないことを下記の通りにまとめてみました。

矯正治療中できれば避けたい食べ物

舌側矯正や唇側矯正など、マルチブラケット型の矯正治療の場合、ガムやキャラメル、水飴、ヌガー、キャラメル、ハ○チュウ、○ニッカーズ、ボンタ○アメなどの粘着力のある食べ物は避けたいところです。装置にくっつき取りづらいだけでなく、装置が外れてしま矯正中は粘着性のある食べ物も装置に付いてはがれなくなるので避けた方がいいでしょう。これらの「歯にくっつく系」は装置に絡まると、とっても厄介な食べ物です。おいしいけれど、装置が取れたあとのお楽しみに取っておきましょう

※お餅も要注意! 年末はお餅を食べる方が多いと思いますが、一口サイズに切ってから食べて下さい。そしてお餅は時間が経つと硬くなります。歯や装置についたものが取りにくくなりますので、なるべくすぐに歯磨きをするようにしましょう。

強くかみ締める食べ物も要注意!

また、リンゴの丸かじり、堅いおせんべい、フランスパンなどのかたい物は、強くかみ締める際や食べ物が装置に当たって力が加わった場合、装置が外れてしまう原因にもなります。リンゴは切って小さくする、堅いおせんべいできるだけ小さくしてからお口の中に入れ、ゆっくり奥歯で噛むようにしてください。かたい食べ物やかみ切りにくい食べ物は、食べる前に小さく切っておくことで、装置が外れるリスクを避けることができますし、痛みを感じる時にも食事がしやすくなります。スルメ、梅干しの種やオリーブの種なども避けた方がいいでしょう。

食べにくいものや、その他避けた方がいいもの

問題なく食べていただくことはできますが、矯正装置にからまるなどして、患者さんによっては食事をする際に不快感を覚える食べ物や矯正装置に着色してしまう物あります。特に、「細い麺類(パスタ・ラーメンなど)」「えのき・もやし・白菜・青菜等の繊維質の細長いもの」「カレーやハヤシライス、キムチ、コーヒーなど食べ物」などです。食事の際には、細い麺類を避け、太めの麺類や短いパスタやニョッキなどを選択したり、自宅で料理される際には、いつもより細かく刻んだりするなど少しの工夫で矯正治療中の食事問題にも対応することができます。

また、歯の裏側に装置がつく舌側矯正であれば、食事中も(たとえ装置に食品がひっかかったとしても)人の目は気にすることなく食事を楽しむことができます。表側に装置がついている場合には、一口ごとに気を使うこともありますが、裏側についている場合には、他人との食事にもそれほど気をつかう必要はありません。ただし、前記に記載しました通り、強く噛みしめる食べものは同様に避けなければなりません。

食べものでなくても気をつけたいもの

ペンや鉛筆、つめ、指、そしてストローなど無意識に噛んでいると、矯正装置が外れる原因になってしまう場合がありますので要注意です。しかも癖として無意識にやっていることが多いので、食べ物より一層の注意が必要です。考え方によっては、癖を治す良いきっかけになると考えます。

飲み物で気をつけたいのはスポーツドリンクです。スポーツドリンクに含まれる糖分やクエン酸やアミノ酸などの酸は、長時間口の中にとどまると虫歯の原因となります。普段であれば、唾液の洗浄効果や中和効果が多少なりとも歯を守ってくれますが、マウスピース装着中は歯周辺の唾液の巡りが弱くなりますので、その状態でのスポーツドリンクは虫歯のリスクを高めます。スポーツ中もできるだけお水を取るようにするのが理想だと思います。

矯正装置に慣れるまでにオススメの食べもの

お豆腐やそれに類似したもの「冷奴、胡麻豆腐、湯豆腐」など洋食系やタマゴ系「グラタン、とろふわオムレツ、茶碗蒸し、卵焼き」など柔らかい食べ物などが食べやすく、痛みも生じづらいのでおススメです。スポンジ状で蒸しパン・シフォンケーキなど柔らかデザートの王道、ヨーグルト・ゼリー・プリン、ケーキ、ヨーグルトケーキなどもおススメです。治療中でもバランスのいい食事、主食(糖質)+主菜(タンパク質・脂質)+副菜(無機質・ビタミン・食物繊維)を3食しっかりとることが大切です。

以上のようにまとめてみました。矯正治療は我慢することも多いですが、その分、素晴らしい歯並びを得ることができます。逆にルールを守って矯正治療を楽しみましょう!

twitter icon facebook line

Contact For Doctors

アソインターナショナルへの、ご相談、資料請求はこちらからお問い合わせください。

当ウェブサイトは、お客様のウェブ体験を向上させ、当ウェブサイトへのアクセスを分析するためにクッキーを使用しています。弊社のウェブサイトのご利用に関する情報は、お客様が提供した、またはお客様の使用履歴から得た情報を、弊社パートナーと共有します。 詳細については、プライバシーポリシーをご参照ください。