矯正治療が終わっても 終わりじゃない!?

基礎知識

2021.06.28

twitter icon facebook line

後戻りってなに?

矯正治療が終わり、歯列が整って終わりと思われている方が多数いらっしゃいます。矯正治療を経験した周りの方から「後戻りした」「デコボコが再発した」そんな話を聞いたとこはないでしょうか?

せっかく治療しても再発するなら意味がないのではと思われる方もいらっしゃると思われますが、通常の後戻りは僅かな隙間ができたり、下顎の前歯に僅かなデコボコができたり、ちょっと歯が捻じれてしまうという程度の後戻りであって、治療前に完全に戻ってしまうとか、治療したことが無意味になるような、大きな後戻りは防止することが可能です。その矯正治療後に歯を保定する役割の矯正技工物のことを「リテーナー」と呼びます。こちらはワイヤー矯正やマウスピース矯正に関わらず欠かせない治療です。

リテーナーの重要性に触れる前にまずは歯が動く仕組みについて少し触れます。矯正治療中に歯が少しグラグラ揺れる感じがするのをご存じでしょうか?歯は骨と直接くっついているわけではなく、骨と歯根(歯の根っ子)をつなぐ歯根膜という線維性の組織でつながっています。歯が動く時は周囲の骨が吸収したり、つくられたりしながら骨の上を歯根膜で引っ張られた歯が運ばれていきます。歯が動いている時はこの歯根膜が伸びていて、歯と周囲の歯槽骨との隙間が拡がるために歯がグラグラした感じがします。矯正治療が終了した時はまだこの状態が続いていますので、歯がグラグラして動きやすい状態です。さらに歯肉の中には歯の周りや歯と歯の間には歯周線維という治療中に伸びたり縮んだりするゴムのような繊維があります。歯肉線維はゴムのように戻ろうとしますので、矯正装置を外してリテーナーを使用しないと歯を治療前の状態に戻そうとしてしまうのです。

後戻りを防ぐために治療終了後に行う。そのための装置がリテーナー(保定装置)です。

しかしながら歯を動かす治療が終わった安心感からリテーナー装着をさぼってしまう方が少なからずおられます。リテーナーはきれいになった歯並びを安定・維持させるうえで必要不可欠なものです。矯正治療の後戻りの原因で最も多いのが、リテーナーの装着を怠ったことによるもと言われております。

リテーナーにはいくつか種類がありますが、大きく分けて「固定式」と取り外しができる「可動式」に分けられます。固定式は歯の裏側にワイヤーで取り付けるタイプが中心です。後戻りを防ぐ効果は高いですが、取り外しができないので丁寧に歯磨きをしていただく必要があります。一定期間装着した後は、必要に応じて可動式に換えるケースが多いようです。

可動式は、ワイヤーとプレートで歯を挟むタイプと、透明なマウスピース型タイプがあり、近年はマウスピース型が人気の傾向にあります。リテーナーは歯を移動するものではないので、どちらのタイプも痛みはありません。食事や歯磨きのときなど、必要に応じてはずすことができますが、装着をさぼると後戻りを引きおこす原因になってしまします。

お手入れは簡単ですが注意点として、歯磨き粉を使用してリテーナーを磨くと、歯磨き粉には研磨剤が入っている為細かい傷がついてしまう可能性があります。細かい傷は雑菌が繁殖する原因になる恐れがありますので、リテーナー洗浄剤をご使用ください。洗浄剤は歯科医院にも置いていると思いますが、ドラッグストアやネットでも購入可能です。熱湯につけて煮沸消毒をしてしまうと変形し使用できなくなる為注意が必要です。

食事などでリテーナーを外す際はリテーナーケースを使用してください。リテーナーが破損する理由としては他にもリテーナーケースに入れずそのまま机などに置いていると落として踏まれることがあります。またペットを飼われている方は特に注意が必要でペットは飼い主の匂いがついているものを好み咥えます。ペットにかじられて壊れたという理由も聞きますし、ティッシュペーパーにくるんでいたらそのまま捨てられた等のトラブルもある為注意が必要です。

矯正治療が終わりホッとした気持ちやリテーナー(保定装置)の装着が面倒くさい、せっかく終わったのにリテーナーの管理もまたしなければならず大変だ。そんなお気持ちなるのも分かります。しかし最も大事なのは、患者様が歯並びを良くしたいという気持ちで何年もかけ大変な思いをして手に入れた歯並びをまた保定期間をサボってしまうことで、せっかくの矯正治療にかけた時間やお金も無駄になってしまいます。特に矯正装置を外して半年は後戻りしやすい時期です。後戻りのしやすさは歯間繊維の強さや習慣等個人差に左右されるため一生涯使用することをお勧め致します。後戻りをしないよう、担当医の指示に従いリテーナー(保定装置)の使用し、きれになった歯並びを持続させましょう。


twitter icon facebook line

Contact For Doctors

アソインターナショナルへの、ご相談、資料請求はこちらからお問い合わせください。

当ウェブサイトは、お客様のウェブ体験を向上させ、当ウェブサイトへのアクセスを分析するためにクッキーを使用しています。弊社のウェブサイトのご利用に関する情報は、お客様が提供した、またはお客様の使用履歴から得た情報を、弊社パートナーと共有します。 詳細については、プライバシーポリシーをご参照ください。