矯正相談したら歯を抜くっていわれた!これって大丈夫?

基礎知識

2021.06.28

twitter icon facebook line

矯正治療における抜歯について

最近、矯正治療で抜歯を避ける、歯を抜かない、といったワードをよく耳にしませんか?インターネットなどを見ると「矯正治療では健康な歯を抜くべきではない」というような意見もありますが、果たして本当にそうなのでしょうか?今回は矯正相談に行ったら歯を8本抜くって言われたけどこれって大丈夫なの?と言うテーマを元に、お話しさせて頂こうと思います。

矯正治療を行うにあたり、できれば歯を抜きたくないという意見は多いと思います。ですが抜歯にもメリットはあり、抜歯する最大の目的は歯を並べるスペースを確保することです。歯の大きさに対して顎の大きさが狭いと、歯が並ぶスペースが足りないために歯がガタガタに並んでしまいます。このように、抜歯処置は歯と顎のバランスを保ちつつ、整った歯並びにするためには有効な手段だといえます。

簡単に申し上げますと椅子取りゲームです。

みなさんは小さい頃に遊んだ覚えがおありでしょう。歯は歯槽骨(しそうこつ)というU字型の骨の上に生えています。全体的に歯が大きい場合、または歯に対して歯槽骨が小さい場合など、歯槽骨上に歯が整列するスペースが無いと、4人で3人用のイスに座れないのと同様に歯がきれいに生えてくることができません。その状態を改善するための1つの手段として「座る人を減らす方法」が抜歯を伴う矯正治療です。

少し前からちまたでよく聞きますね。「最近の子供はアゴが小さいから歯が並ばないんですよ。」これは成人された方も例外では無いと考えられます。では、なぜこの噂の様な事が認知され始めたのでしょうか。

顎(あご)の骨の形が小さくなってきたのは何億年にもわたる長い人類の進化の結果でもあります。人類の祖先が火を使用し始める前は、天然の硬い生の食物を歯で咬むために分厚い咀嚼筋が必要であり、頭頂部全体で分厚い咀嚼筋を支えていました。そのため進化の過程でも大脳の容積が大きくなることが妨げられていたと考えられています。人類が食物に火を通して柔らかくして食べるようになり、歯で咬む力も徐々にそれほど必要なくなりました。それによって上下の顎骨も次第に小さくなり、咀嚼筋も退化して咀嚼筋が頭頂部全体を分厚く覆うことがなくなりました。咀嚼筋の大脳への押さえ込みが少なくなった結果、類人猿、猿人類、古代人と進化にしたがい大脳の容積が大きくなり知能も進化し、それと同時に徐々に上下の顎骨は、小さくなってきたようです。

歴史的にも食物が急速に軟らかくなってきて以前に比べると、歯であまり咬まなくてもよくなってきているのも事実でその結果ますます顎(あご)の骨の形が小さくなってきたということも言えるでしょう。

では、実際に抜歯矯正を行うにあたってどの歯を抜くのか?一般的に抜歯をすることが多いのは、前から4番目の歯(八重歯の1つ奥にある歯 第一小臼歯)です。その理由は、前歯と奥歯のほぼ中間にあり、ここにスペースを作ることで歯の移動量が少なくなります。この場所のスペースは、前歯を実歯の位置に移動させる 又は口腔内のスペース確保を行うのに ちょうどいい位置にあたります。

また食べ物を咬み切る前歯や、すり潰す奥歯と違って小臼歯が物を食べるうえで、役割が多少は少ないという事も、4番目の歯を抜歯する理由のひとつです。これらの理由から抜歯は4番目になることが多いです。

更にここから皆様も一度は聞いた事のある上下左右の一番奥にある”親知らず”を抜くとなると、合計8本の歯を抜く事になります。親知らずに関しては口の中でかなり奥の方に位置し歯磨き時 歯ブラシが上手く届か無いと言った事や 正常に生えて来ず 歯肉に埋もれた状態や半分程しか放出していないと言った人も多々見られ 虫歯のリスクも高く 矯正治療に関係なく抜歯するケースも多く見られます。

以上の観点から見て現在の歯科矯正治療に置いて8本歯を抜くという診断は 必要に応じて行う処置として珍しい事ではありません。ただ全ての症例に該当する訳では無いので 信頼の出来る矯正専門医にしっかり相談し 納得の上で歯科矯正治療を進めていく事が大事と考えられます。

twitter icon facebook line

Contact For Doctors

アソインターナショナルへの、ご相談、資料請求はこちらからお問い合わせください。

当ウェブサイトは、お客様のウェブ体験を向上させ、当ウェブサイトへのアクセスを分析するためにクッキーを使用しています。弊社のウェブサイトのご利用に関する情報は、お客様が提供した、またはお客様の使用履歴から得た情報を、弊社パートナーと共有します。 詳細については、プライバシーポリシーをご参照ください。