矯正治療は選べるの?

基礎知識

2021.06.28

twitter icon facebook line

矯正治療の種類について

歯並びや噛み合わせを改善する矯正治療には様々な種類があり、歯科医院によっても矯正治療の種類が異なります。どの様な治療法があるのかみていきましょう。

ワイヤー矯正治療

代表的な治療法。矯正治療といえばワイヤー矯正を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。歯の表面にブラケットを着け、ワイヤーを通して歯を少しずつ動かして歯並びを整える治療法。抜歯を伴うケースや難しい咬み合わせなど、ほとんどの症例に対応できます。

裏側矯正治療

歯の裏側にブラケットとメタルワイヤーを通して歯を動かす治療法。出っ歯の改善に効果が高い治療法です。表側から装置が見えないことが大きなメリットです。

部分矯正治療

部分矯正とは、気になる前歯など一部分のみを矯正する方法です。前歯は奥歯ほど生え方が強固でなく動きやすいため、奥歯の移動を含めた全体矯正よりも期間を短縮できます。また、費用を抑えられることもメリットです。 しかし、歯並びのガタつきが大きい場合や全体の噛み合わせを治療したい場合は部分矯正を適応できません。

マウスピース矯正治療

透明なマウスピースを使った矯正治療の為周りに矯正治療を行っていることがわかりません。歯磨きや食事の時に取り外す事ができます。

スピード矯正治療

短期間で理想の歯並びへと導く矯正治療です。大きく分けるとコルチコトミー法などの外科手術を伴うものと、歯ぐきにチタン製インプラントアンカーを埋め込むインプラント矯正があります。矯正用のインプラントは小さなネジ状のもので、従来の矯正方法は奥歯などを支点として力をかけて歯を動かすものです。インプラント矯正では埋め込んだアンカーを支点とするため、他の歯が動いてしまうことなくピンポイントで狙った歯に力をかけられるため、より効率的な矯正が可能です。 結婚式や成人式などイベントまでに歯並びを矯正したい人などの利用が目立ちますが、スピード治療には高い技術を伴い、歯並びによっては適応が難しい場合もあります。

その他短期間の治療法としてラミネートベニアがあります。ラミネートベニアとは付け爪のような薄く削ったセラミックを歯の表面に被せて隙間をなくす方法です。ただし表面の健康な歯を削らなくてはならず、人工物を口の中に入れるという点がデメリットになります。

矯正治療といっても様々。納得のいく治療を受けるためには、事前のカウンセリングを丁寧に行い、症例や希望に合った治療法を提案してくれる歯科医院を選ぶことが重要です。

twitter icon facebook line

Contact For Doctors

アソインターナショナルへの、ご相談、資料請求はこちらからお問い合わせください。

当ウェブサイトは、お客様のウェブ体験を向上させ、当ウェブサイトへのアクセスを分析するためにクッキーを使用しています。弊社のウェブサイトのご利用に関する情報は、お客様が提供した、またはお客様の使用履歴から得た情報を、弊社パートナーと共有します。 詳細については、プライバシーポリシーをご参照ください。