矯正器具が外れちゃった!

基礎知識

2021.06.28

twitter icon facebook line

治療中に器具が外れた時の対処法

矯正器具には様々な種類があり、人によって用途が違うため、外れてしまう原因も様々です。ここでは、代表的なものを種類別に、外れた時の対処方法をお話しします。

ブラケットが外れた時の対処方法

ブラケットとは、歯の表側や裏側に付ける金属の装置のことで、もともと治療後には外すことを前提に接着しているのでそこまで強力な接着剤は使用していません。そのため、無理な力がかかった時などに取れてしまうことがあります。対策として、日常生活においてはブラケットが取れないような食事や食べ方の工夫をしましょう。また、歯ブラシの際にも強すぎるブラッシングは装置が壊れる原因になるので十分に注意しましょう。また、矯正装置を着けてすぐは違和感があり、舌や指で触ってしまうことも装置が壊れる原因の一つです。万が一ブラケットが外れた場合は、自分でできる対処方法としては、応急処置としてワックスでブラケットとワイヤーを固定する方法があります。ただし外れた場所が奥歯の場合、ワイヤーの端を留めている箇所になるので、ワイヤーが頬の内側や⻭⾁に当たって痛みが発⽣する場合があります。いずれの場合も、治療の段階や外れた場所によってなるべく早く来院した方が良い場合と、次回来院時までそのままで良い場合があるので、かかっている歯医者さんに連絡して指示を仰ぎましょう。

ワイヤーが外れた時の対処方法

ワイヤーは、無理な力が加わることで、ブラケットから抜けたり飛び出たりすることがあります。特に初期の頃は、細く柔らかいワイヤーを使っているため外れることもあるかと思います。万が一ブラケットから抜けてしまった場合、基本的にかかっている歯医者さんへ連絡し、指示を仰ぎます。元の位置に差し込むことができるなら自分で差し込むのか、すぐに歯医者さんへ行った方がいいのかなど確認しましょう。歯科医院では、医院によってはワイヤーの端が頬の内側や⻭茎に刺さって痛いという場合は、その部分をワックスで覆うようにして⼝内に当たらないようにしてくれたりします。何か気になることがあれば、我慢せずに歯医者さんへ相談しましょう。ワイヤーにそって矯正治療は進みますので、外れてしまった場合は治療が進まなくなります。もしくはそのままにしておくと、元に戻ってしまったり、予測していない方向に歯が動いてしまったりと、良いことは一切ありませんので注意しましょう。

バンドが外れた時の対処方法

バンドは、リンガルアーチやクワドヘリックスという名前の器具を使う時など、奥歯に着けるリングです。奥歯には食事をする時など日常的に大きな負荷がかかるので、まれに外れたり壊れたりすることがあります。浮き上がった感じがする場合にはバンドが外れている可能性があります。そのまま放置すると矯正の効果を得られないばかりか、奥歯が虫歯になってしまう恐れもあるので、すぐにかかっている歯医者さんへ相談しましょう。

これまで各装置に関して話してまいりましたが、とにかく何か装置が外れたり、壊れたりした際には、患者さん自身で判断するのではなく、歯医者さんへ即確認して対応してもらうことが何よりも大切なことです。

twitter icon facebook line

Contact For Doctors

アソインターナショナルへの、ご相談、資料請求はこちらからお問い合わせください。

当ウェブサイトは、お客様のウェブ体験を向上させ、当ウェブサイトへのアクセスを分析するためにクッキーを使用しています。弊社のウェブサイトのご利用に関する情報は、お客様が提供した、またはお客様の使用履歴から得た情報を、弊社パートナーと共有します。 詳細については、プライバシーポリシーをご参照ください。