<おすすめの矯正装置の洗浄>                   現役担当者が語る「しっかり」とした洗い方とは?

基礎知識

2021.10.13

twitter icon facebook line

矯正装置の洗浄方法

矯正装置やリテーナーのお手入れ方法を間違えると、器具が傷ついたり破損や変色に繋がったりするので気を付けなくてはいけません。取り外しのできない矯正装置やリテーナーの周りには汚れが溜まりやすく、歯ブラシも届きにくいので虫歯や歯周病になりやすいです。歯並びがきれいになっても、きちんとブラッシングしないと健康な歯を失ってしまうこともあります。それでは何のために矯正をしたのか分かりません。矯正装置やリテーナーの洗浄方法は装置の種類や素材によって違いますので、通っている歯医者さんに確認しましょう。

取り外しのできない矯正装置の洗浄方法

 ワイヤー矯正の場合

ワイヤー矯正の場合、ブラケットとワイヤーが固定されている為、歯ブラシが届きにくい部分が増え虫歯になるリスクが高まります。普段よりブラッシングの際に気を遣う必要があります。普通の歯ブラシだけでなく矯正専用の歯ブラシやフロス、歯間ブラシ、ワンタフトブラシなどの使い分けが効果的。歯ブラシの使い分けや使い方は歯医者さんに相談しましょう。

 固定式リテーナーの場合

矯正の治療後、後戻りを防ぐために装着するのがリテーナーという装置。
装着期間は、個々のケースにより違いますが最低でも2年以上使用することになります。歯の裏側に付けられているので、汚れが溜まりやすくブラッシングがしづらいので虫歯や歯周病になりやすいです。細かい部分に毛先が届く専用のブラシで歯磨きを徹底してください。また保定期間中も定期的に歯医者さんでクリーニングをしてもらいましょう。

取り外せる矯正装置の洗浄方法

 マウスピース型矯正装置の場合

マウスピース型の矯正装置は、取り外しができるので歯磨きがしやすく、虫歯や歯周病になりにくいメリットがあります。お食事の後や就寝前に毎日洗浄して清潔さを保ちましょう。効果的に洗浄するには、マウスピース専用の洗浄剤ウエットシートを用いて洗浄するのをお勧めします。洗浄を怠り不潔にしていると虫歯や口臭の原因となってしまいます。歯医者さんに洗浄方法を教えてもらってください。

              マウスピース矯正装置
       マウスピース用のウェットティッシュ型クリーナー
              矯正装置用洗浄剤

 金属を使った矯正装置の場合

また取り外しのできるリテーナーには、マウスピース型矯正装置の他、代表的なものとしてベックタイプリテーナーとホーレータイプリテーナーがあります。歯の表面にワイヤーが覆うような形の為、洗浄方法も歯医者さんによっても指導が異なります。水洗いやお湯洗いをする、専用の洗浄剤や入れ歯洗浄剤で洗う、歯ブラシなどで磨くことを推奨しているクリニックがあります。注意したいのは、金属を用いた装置を水につけっぱなしにすると腐食の原因になるので、洗浄剤を用いる場合、洗浄時間を守り、最後によく洗い流して下さい。歯ブラシで装置を磨く場合は、あまりゴシゴシ磨くと装置に傷がつき、汚れがたまりやすくなりますので気をつけましょう。

            ベックタイプリテーナー

矯正装置の保管方法

食事などでマウスピース型矯正装置やリテーナーを外した時は必ずリテーナーケースにしまって下さい。リテーナーを外してそのままテーブルの上に置いておくと、落として破損する危険があります。また、犬などのペットを飼われている方は特に注意が必要です。ペットは飼い主の匂いが付いているものを好みます。かじられて破損や紛失の原因になります。またティッシュペーパーにくるんで置いておくと誤って捨ててしまったりするのでご注意下さい。

リテーナーケースは長い期間使用していると蓋の部分が壊れてしまうことがあります。そのまま使用していると自然に蓋があいてリテーナーがケースから出てしまい、破損や紛失の原因になりますので蓋の部分が甘くなったら必ず新しいケースに変えて下さい。また雑菌繁殖の原因になりますのでケースも水洗いするなどして清潔に保ちましょう。

              カラフルなリテーナーケース

twitter icon facebook line

Contact For Doctors

アソインターナショナルへの、ご相談、資料請求はこちらからお問い合わせください。

当ウェブサイトは、お客様のウェブ体験を向上させ、当ウェブサイトへのアクセスを分析するためにクッキーを使用しています。弊社のウェブサイトのご利用に関する情報は、お客様が提供した、またはお客様の使用履歴から得た情報を、弊社パートナーと共有します。 詳細については、プライバシーポリシーをご参照ください。